CO2測定装置設置プロジェクト始動(福山大学さん編)

ご無沙汰しています。新年を迎えたと思っていたら、あっという間に新年度に突入してしまい、あれやこれやドキドキの日々が続いています。

さて、久し振りに近況報告をさせていただきます。今回は、CO2測定装置設置プロジェクト始動(福山大学さん編)についてです。

co2sosの活動もスタートしてから8年、CO2測定装置初号機設置から7年目に入ります。測定装置や測定データをインターネット上のサーバに送信するコンピューターは機械物なので、どうしても老朽化は避けられず取替が必要となります。そこで、都合の良い話ですが、既存の測定装置と同等以上の機能と信頼性を有しつつ経済性の面で優れた測定装置を探しておりましたところ、広島市立大のI先生が研究開発されている測定装置が該当するのではということになり、昨年からI先生の協力も得て検討を進めたところ、可能性ありという結論に至りました。その測定装置を動作検証含めて福山大学さんに設置していただけるということになったという次第です。

設置後は、ビッグデータやセンサネットワークの実例として学生さんの教材として活用していただいたり、測定装置の信頼性に関する検証等も可能になればと期待しつつ、全ては今後の課題です。

測定装置設置場所は小高い場所にある建物の屋上で、設置環境は極めて良好と感じました。近くには福山市松永町福山特別地域気象観測所気象台があり、研究活動にも適した場所といえます。

以下の写真は当日撮影したものです。入学式を翌日に控え、桜も準備万端、測定装置設置はいつでもどうぞ状態でした^^

CO2測定装置設置場所です。

CO2測定装置設置場所です。

CO2測定装置設置場所から眺めた周辺の様子です。

CO2測定装置設置場所から眺めた周辺の様子です。