【最終回】「バーチャル科学館を体験しよう!」完結

今年4月からスタートしました「バーチャル科学館を体験しよう!」全10回のイベントが、来館者の皆様、岡山県生涯学習センターおよび人と科学の未来館サイピアの皆様、仮想空間内のヤンさん(講師)、アカーシャさん(講師補佐)、ピヨさん(記録者)、そして現地側スタッフと多くの皆様のおかげで、無事、完結することができました。この場をお借りしまして感謝申し上げます。

1年間に亘る本イベントは、世界中でも数少ない試みであったのではないかと思います。バーチャル科学館は、仮想空間内に講師がいて、現実世界に受講者がいれば成立すると安易に考えておりましたところ、それだけでは上手くいかず、仮想世界および現実世界ともに講師を補佐するスタッフを配置し、最終的には7人~10人体制で臨むのがよいということが分かりました。

最初の頃は、途中で退席されるケースも多かったのですが、回が進むにつれて退席者が減り、リピーターの参加者も見られるようになりました。これは、講師およびスタッフによる議論と改善結果の賜物であると考えます。

バーチャル科学館は、現実世界では見えなかったり体験できないことが可能となるため、教材として有効であるということを確認することができました。同時に講師をサポートするスタッフも必要であることが分かりました。この知見を踏まえまして、次年度は5月と8月の2回、バーチャル科学館を開催する計画です。5月には、サイピアにヤンさん招いての特別バージョンとなる予定で、また違った楽しさの発見があるのではないかと期待できます。

相当な時間と手間を要したバーチャル科学館であっただけに、得るものも大きかった気がいたします。特にバーチャル世界と現実世界の人達が協働して1年間のイベントを完結するというのは、容易なことではありませんが、実現すれば大きな力となるということも実感できました。これは時間と距離という制約を取り払う新しい協働スタイルであり、大きな可能性を感じます。

最後に最終回のバーチャル世界および現実世界(人と科学の未来館サイピア)の様子を写真でご紹介させていただきます。

バーチャル世界にある地球深部探査船「ちきゅう」

バーチャル世界にある地球深部探査船「ちきゅう」

 

講師・講師補佐・記録者紹介風景(バーチャル世界)

講師・講師補佐・記録者紹介風景(バーチャル世界)

 

現実世界「人と科学の未来館サイピア」側の様子1

 

現実世界「人と科学の未来館サイピア」側の様子2