カテゴリー別アーカイブ: サイピア内展示コーナー

地球温暖化対策~世界の取り組み1

皆様、こんにちは!本日もサイピアでco2sosさんと一緒に活動している岡山大学のmelodyです。

今日は地球温暖化を防止するために、世界各国の取り組み(シリーズ1)についてご紹介いたします。

地球温暖化という問題を解決するために、世界の国々が協力して取り組むことが非常に重要です。

今日のブログは気候変動に関する国際条約をご紹介いたします。

現在、地球温暖化問題に関する国際条約は2つあります。

1つは、リオ・デ・ジャネイロにおいて開催された環境と開発に関する国際連合会議(UNCED)において、
採択された地球温暖化問題に関する国際的な枠組みを設定した「国連気候変動枠組条約」(UNFCCC)で、
世界のほぼ全ての国が参加していています。

国連気候変動枠組条約では、

1.締約国の共通だが、差異のある責任

2.開発途上締約国等の国別事情の勘案

3.速やかかつ有効な予防措置の実施

などの原則のもと、先進締約国に対し、温室効果ガス削減のための政策の実施などの義務が課せられている。

もう1つは、先進国に温室効果ガスの排出削減を義務付けた「京都議定書」です。

京都議定書では、締約国では温室効果ガスを、減らす目標が決められています。具体的には、先進国で、
2008年から2012年までに、二酸化炭素など6種類の温室効果ガスを、1990年に排出していた量よりも5.2%削減するという約束です。日本の二酸化炭素削減目標は6%ですが、京都議定書制定時より7.7%もふえてしまっているのが現状です。

「京都議定書」では、各締約国が二酸化炭素の排出量について、以下の割当量を超えないよう削減することを求めています。

92% (-8%) – オーストリア、スペイン、スイス、イギリスなどの欧州連合15か国

93% (-7%) – アメリカ合衆国

94% (-6%) – カナダ、ハンガリー、日本、ポーランド

95% (-5%) – クロアチア

100% (±0%) – ニュージーランド、ロシア、ウクライナ

101% (+1%) – ノルウェー

108% (+8%) – オーストラリア

110% (+10%) – アイスランド

国際的な地球温暖化防止活動推進の現状について、また次回ご紹介しますね。

やさしく学ぼう~地球温暖化についての豆知識

みなさん、ご存知ですか?

私たちは、エアコンをつけたり、車を運転したりするなど毎日の非常に便利な生活のいたるところで電気やガス、ガソリンなどのエネルギーをたくさん使っています。二酸化炭素はガソリンや灯油を燃やすときに大量に発生します。

私たちの原点ともなる自然の生態系を私たち自身が、破壊していて、様々な問題が発生しています。それが、環境問題のひとつになっている「地球温暖化現象」です。人間活動の拡大で、二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度が増加することで、地球の表面温度が上昇しつつあるといわれています。では、地球温暖化になるとどういうことが起きるのでしょう?

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次評価報告書によりますと、このまま気温が上昇を続けた場合のリスクを、大きく次のように示しています。

  • 高潮や沿岸部の洪水、海面上昇による健康障害や生計崩壊のリスク
  • 大都市部への内水氾濫による人々の健康障害や生計崩壊のリスク
  • 極端な気象現象によるインフラ機能停止
  • 熱波による死亡や疾病
  • 気温上昇や干ばつによる食料不足や食料安全保障の問題
  • 水資源不足と農業生産減少
  • 陸域や淡水の生態系、生物多様性がもたらす、さまざまなサービス損失

二酸化炭素削減のために、私たちにできる身近な温暖化対策はいろいろあります。例えば、買い物に行く時は、専用のマイバッグを利用するようにしましょう!停車中はエンジンをきることを習慣づけましょう!いつも電気を節約することを心がけましょう!

私たちは地球のために、自分と家族の将来のために、自分たちにできることは頑張ってやりましょう!できるだけ無駄な資源を使わないで、小さなものでも大切にすれば、必ずいい結果となります。

1

3D仮想空間内で物作りにトライしている様子です。

岡山大学学生のmelodyでした^^

暑~い夏だけど!

皆様、こんにちは!(^o^)ノ

今日も岡山は暑いですね。30℃を超えている室外、皆さんぜひ水分補給を忘れずに!

岡山地方気象台によりますと、明日も岡山県では高気圧に覆われて晴れる見込みで、高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してくださいね。

このような耐えられない暑さを実感することで、皆様も地球温暖化を意識されることがあるのではないでしょうか。夏には最高気温を更新し、冬の降雪量は年々減り続け、暖かい春と涼しい秋は短くなり、やがて日本の四季が失われる、というような事態は避けたいものです。(๑•̀ㅂ•́)و✧

気温は上がって、皆さんは暑さに苦しむことになり、エアコンを購入し、高い電気代を払い、さらに増税されるということになれば、私たちの日常生活に大きな影響を及ぼすことになります^^;

ところで、地球温暖化の要因が二酸化炭素といわれている理由をご存知ですか?

身の回りの二酸化炭素濃度がどの程度かご存知ですか?

1日の間でも、二酸化炭素濃度は変動しているということをご存知ですか?

二酸化炭素の排出源と吸収源には、どんなものがあるでしょう?

もしあなたもmelodyと同様の疑問があれば、土曜日、サイピアに来て見ませんか?

「3D仮想空間」の体験、その中でエコクイズに挑戦することもできます。特に、二酸化炭素や温室効果ガスのことを勉強して、地球温暖化問題を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

今日も大勢の方にお越しいただき、ありがとうございます! 特に、今日は一人の可愛い女の子は彼女のお母さんに3D仮想空間のやり方を教え、親子二人で一緒に楽しんでいる様子を見て、今私が取り組んでいる活動の意義を感じることができました。遊びながら地球環境への理解が進むことだけでも、よりきれいな地球の未来図を描けますね!

では、また次回お会いすることを期待しております!(^o^)ノ

 

 

12/13(日)科学キッズフェスティバルin京山祭に出展!

12/13(日)岡山県生涯学習センター主催の科学キッズフェスティバルin京山祭が開催されます。

http://www.pal.pref.okayama.jp/events/kyoyamasai/151213kagakukids/index.html

co2sosも出展します。現在、岡山大学環境部ECOLOの皆様と以下のチラシに記載の内容(本チラシは、上記HPから見ることができます)で準備を進めています。

5

この夏からスタートしたECOLO有志の皆様との協働は、それぞれが有する得意を活かし伸ばすことでミッション達成を目指すものです。コミュニケーション、研究活動、IT技術、語学、組織運営、イベント開催、等に対して既にの高いスキルを有する人、これから高めようとしている人等、多様なメンバーで構成されており、とても頼もしいパートナーです。

【中学生による研究発表】

岡山県生涯学習センター人と科学の未来館サイピア2Fのサイエンスステーションにおいて、毎週土曜日の午後(2時間目途)、近隣の京山中学校科学部有志によるCO2濃度の動態に関する研究活動をサポートしています。今年の研究成果を筑波大学主催の科学コンクール「科学の芽」に応募したところ「努力賞」に選定され3年連続受賞となりました。中学生部門の総応募件数は1402件、内科学の芽賞8件、奨励賞13件、努力賞53件です。当日は、本受賞作品について紹介させていただきます。

https://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/k_happyo.html https://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/pdf/2015_kagakunome.pdf

また、昨年4月からCO2測定にご協力くださっている清心中学校科学部による、CO2濃度に着目した研究成果もご紹介いただきます。CO2濃度に関する研究活動がサイピア以外でも行われることは望むところであり、今回が記念すべき初ケースとなります。

何れの研究も実際に測定したCO2濃度から新たな発見があり、仮説を立て、それを検証するという形にまとめられています。内容的にも他にはない完全オリジナルです。研究活動に興味のある小中学生の皆様に聴講いただいて、自ら研究に取り組むきっかけにしていただければ幸いです。

【ブレークタイム】

過去に開催したエコ教室参加者からHPの作成方法を知りたいという相談があり、サイエンスステーションでアドバイスしている小学4年生がいます。最初は、「co2sosのHPに小学生版のページを作る時に協力してくれますか。お家の人の了解が得られたら考えます」と無理難題を伝えたのですが、翌週には「OK」でしたとやってきまして、選択肢も閉ざされて今の状況となりました。

とは申しましても、正直、参考書の提供とポイントアドバイスしかできていません。あとは自習に近い状態ですが、次々とテクニックを身に着けているという状況です。時にある質問の内容は、「どうしてメモ帳にhtmlで書いたことが、PC上に表示されるのですか?」といった内容のもので、大変面白く感じています。ECOLOのメンバーさんにもご協力いただいていますが、まさか小学生にHPの作成方法をアドバイスすることになるとはと驚かれています。

本日は時間があったので、エクセルのVBを使ったプログラミングにもトライしてみました。問題は1~10の合計値を計算するという基本的なものです。正直、小学4年生が初めてトライするにしては難しい内容ですが、難なく理解できたようで、最後にノートを出してきて要点をメモしていました。この時の質問は、「どうしてプログラムを書くとPCは動くの?」という基本的なものでした。

確かに考えだすと混乱するような質問でしたので、PCは問題を全て「1」と「0」に置換えて処理しているということだけ伝えましたところ、「電気のある、なしですね。聞いたことある」と即答でした。一応、光とか電気だけじゃなくてもよいことだけ伝えておきました。

あと、PCを使えば1から100万まての合計値も直ぐに計算できるけど、手で計算するとしたらどうやると質問したところ、1から10と10から1を2行に並べて、上下の数字を加えると全て11になることを利用すれば計算できると答え、計算結果も示してくれました。既に知識として得ていたようでしたが、「最初に考えた人はすごい。どうすれば考えられるようになれるの?」と聞いてきたので、「考え抜くこと、大変だけどそれが一番面白いこと!」と応えておきました。その考え方をプログラムに書き込むことや、その考え方をアルゴリズムと呼ぶことも話しておきました。変数とか関数という言葉も自分なりに理解しようとしています。

以下、サイピアの様子を写真で紹介させていただきます。

1

来訪者に対する環境学習プログラム提供の中で、親子による3D仮想空間体験中の様子です。

左側が中学生による研究活動、右側がECOLOの皆様です。

左側が中学生による研究活動の様子、右側がECOLOの皆様による打合せの様子です。

小学4年生がHPの作成を教科書見ながら学習している様子。

小学4年生が教科書片手にHPの作成方法を自習している様子です。奥側は、ECOLOさんによるブログ更新中の様子です。

 

サイピアにおいでよ!②

こんにちは。また来ました。”レグルスEX ”です。

今回紹介するのは、サイピアの2階にある、プラネタリウムです.

私は、よくサイピアのプラネタリウムに行きます。なんと、子供の料金は、たったの100円!(特別なイベントを除く)最近わたしは、”名探偵コナン”をみました。プラネタリウムに、名探偵コナンのアニメがうつります。このお話は、怪盗キッドが、”輝きの天球”というお宝をぬすみだすお話です。

名探偵コナンの前に、少しだけ、星空解説があります。

季節によって、解説がかわるので、いろんな空を楽しめます。ちなみに私は、冬の星空が好きです。きらきらしていて、見ているだけでもうっとりしてきます。

夜に公開する、”夜プラネ” や、たまにある、”星空タイム” などは、少しステップアップした星空解説が楽しめますよ。このチャンスを逃さないように!

どうでしょうか。皆さんも、サイピアにおいでよ!

3D仮想空間内の協力者(pyoさん)のサポートを得ながら、仮想空間内に制作した鳥の造形(オブジェクト)に鳴き声のスクリプトを組み込んでいる様子。

3D仮想空間内の協力者(pyoさん)のサポートを得ながら、仮想空間内に制作した鳥の造形(オブジェクト)に鳴き声のスクリプトを組み込んでいる様子。

サイピアさんが、人と科学の未来館サイピア入口にサイエンスステーションで実施している「環境学習プログラム提供」の案内を掲示してくださいました。

サイピアさんが、人と科学の未来館サイピア入口にサイエンスステーションで実施している「環境学習プログラム提供」の案内を掲示してくださいました。サイエンスステーションの魅力に誰が気づくでしょう^^

 

サイピア入口の掲載内容です。この日、入り口からサイエンスステーションまでの間にも、案内表示を作成して掲載いただけることになりました。

サイピア入口の掲載内容です。この日、入り口からサイエンスステーションまでの間にも、案内表示を作成して掲載いただけることになりました。新たな出会いの始まりです。

 

10月17日の活動内容

DSC_0146

こんにちは、 岡山大学環境部ECOLOです。

本日もサイピアでco2sosさんと一緒に活動しています。

今日は、測定器の国外設置についてなど、これからの活動についての話し合いをしました。活動を現在よりも大きな規模にして多くの人に知ってもらえるようにしたいです!ECOLO単独での活動のほうも企画し、進めていきたいです。また、サイピア内の飾りつけの作成も行いました。使用されるかはまだ未定です(笑)

たくさんの人に活動を知ってもらいたいですが、まだまだ来場者数は少ないです(笑)

みなさん是非土曜日はサイピアまで遊びに来てくださいDSC_0147

10月3日の活動内容

こんにちは。

今年からco2sosさんとサイピアで一緒に活動しています、岡山大学環境部ECOLOです。

今日は、12月13日に実施される”科学キッズフェスティバル”など今後についての打ち合わせを行ったり、”セカンドライフ”の操作法を教えていただいたりしました。

京山中学校科学部の研究も”科学キッズフェスティバル”にむけて着実に進んでいます!

今回も中学生の研究とは思えないほどのすばらしいクオリティーに仕上がりそうです。

また、co2sosの小学生向けHPの作成も始まりました。

このHPの作成をしてくれているのはなんと小学4年生の女の子です!

本当に意欲的ですばらしい小学生と中学生です^^!

大学生の私たちも負けてられないですね(笑)

ECOLOも、ポスター作成など、これからもっと活動を進めていきたいと思います!

それでは、失礼します。

DSC_0101

小学生とブログ作成中です。

 

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)様ご視察^^

暑中お見舞い申し上げます。

お盆週間に突入された方も多いかと思います。日頃とは全く異なる時の流れの中に身を置き、身も心もリフレッシュとなればいいですね^^。 あとは、猛暑続きでございますので、熱中症にはご注意を!

先週土曜日(8/8)の午後、岡山県生涯学習センター人と科学の未来館サイピア2Fのサイエンスステーション(co2sosの活動拠点)に、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)様がご視察目的で立ち寄ってくださり、環境学習プログラム提供活動の様子や協働関係者に対するヒアリングがございましたので、ご紹介させていただきます。 JST様のご紹介は、こちらをご参照お願いします。 http://www.jst.go.jp/

まずは、当日の様子ということで写真を1枚

岡山大学環境部ECOLOさんのご協力による環境学習プログラムの提供および京山中学校科学部有志との研究活動の様子をご視察いただきました。写真に写っていない人達を含めて、ほぼ全員がヒアリング対象になった気がします^^

岡山大学環境部ECOLOさんのご協力による環境学習プログラムの提供および京山中学校科学部有志との研究活動の様子をご視察いただきました。

当日は、サイピアで協働しております岡山県生涯学習センターおよびサイピアご担当者様、岡山大学環境部ECOLO有志の皆様、清心中学校科学部の先生、京山中学校科学部有志の皆様、co2sos関係者が集まり、環境学習プログラム提供および研究活動の様子をJST様にご覧いただきました。、写真に写っていない人達を含めて、ほぼ全員がヒアリング対象になった気がします^^

JST様の日頃の活動内容もお聞かせいただきながら、みな興味津、とても楽しい時間となりました。また、本活動に対する夢を語り合う中で、今後の方向性についても共有することができました。

当日は3D仮想空間内にもご協力者が待機してくださり、サイエンスステーションからの3D体験者のサポートをしてくださいました。co2sosは、インターネット上の協力者とも協働しており、これが大きな力であり特徴といえます。JST様からもよろしくお伝えくださいとのことでした。

今後、来訪者の皆様が遊び感覚で地球温暖化のメカニズムについて学べる環境を整えながら、国内各地で測定しているCO2濃度の公開や、測定したデータを用いての研究活動を実施します。皆様のご来訪をお待ちしております^^

特定非営利活動法人co2sos

サイピアにて岡山大学環境部ECOLOさんとの協働開始^^

暑中お見舞い申し上げます。

本当に暑い日が続いております。熱中症にも注意しながら夏を満喫しましょう!

Snapshot_032

仮想3D世界で熱中症予防PRのために夕涼みをしました。本活動は、ひと涼みアワード2014で優良賞をいただきました。

一昨年5月以降、毎週土曜日の14時から2時間、岡山県生涯学習センター人と科学の未来館サイピア2Fのサイエンスステーションにて、来訪者に対する地球温暖化に特化した環境学習プログラムをパソコンと3D仮想空間を用いて実践してきました。

P1020282

環境学習プログラムでは、パソコンの使用や3D世界の体験ができます。

その中で、近隣の中学生との出会いがあり、二酸化炭素の動態に興味を持ってくれたことから自由研究をサポートをするに至り、研究成果を筑波大学主催の科学コンクール「科学の芽」に応募したところ、奨励賞をいただくことになりました。その後、中学生が通う中学校と岡山県生涯学習センターの協力を得て、今年も生徒さんをご紹介してくださるという関係も構築できました。ちなみに昨年は、降雨と二酸化炭素濃度に関する研究報告書が最高位の「科学の芽賞」に輝きました。しかしながら、先に始めた来訪者に対する環境学習プログラムの提供は、マンパワー不足と研究活動のサポートに追われてしまい、十分なことができない状況となっています。

DSC_0011

一方、co2sosはNPOとして認証されてから5年と節目でもあり、今年度は過去の活動を踏まえつつ今後の活動について再整理しました。これをJST(国立研究開発法人科学技術振興機構)主催の助成金対象活動として申請したところ幸いにも採択となり、現在は一つ一つの計画を実行している状況です。計画の中には、環境学習プログラムの提供も織り込んでおり、マンパワー不足解消が早急の課題となっていました。

そこで、岡山大学キャリア開発センター様にご相談させていただきましたところ、岡山大学環境部ECOLO様を顧問の先生を介してご紹介くださり、協働関係を構築することができました。co2sosが掲げるミッション「地球温暖化問題の解決のために世界中の人々が協働する持続可能な社会の実現」が、一歩前進したように感じます。このような関係が拡がることが大切であると考えます。

研究活動の写真22

岡山大学環境部ECOLO有志の皆様と、研究活動に取り組んでいる中学生さんです。

昨日が初の活動となりましたが、話は「環境学習プログラムの提供」に留まることなく、お互いの目標を達成するために協働できそうなことについて語り合い、とても楽しく有意義な時間となりました。途中、中学生との研究活動時間もあり、それにも参加していただきましたところ、今後、研究に必要な知識面等でもご協力いただけることになりました。こちらも楽しみです。

この日、環境学習プログラムの提供を聞きつけて訪れてくれた小学生の女の子(エコ教室にも参加)は、3D世界での物作りを教えてほしいとのことで、このリクエストには、3D世界のスタッフさんにご対応いただきました。後で小学生とECOLOさんから、「ぴよさんはとても優しくて親切でした。2時間も相手してくださって、とても楽しかったです。」との感想をいただきました。この小学生は、ホームページの作成にも興味があるようで、「作り方を教えてくれたらco2sosのホームページの作成も手伝うよ^^」と話してくれました。こんな積極的な来訪者、大歓迎です!

帰宅用ロケット

仮想3D世界に存在するco2sosの事務所とサイピアです。

JST様、岡山県生涯学習センター様、人と科学の未来館サイピア様、岡山大学環境部ECOLO様、京山中学校様、3D仮想空間内のスタッフの皆様との協働は、間違いなくサイエンスステーションでの活動を魅力的なものにすると思います。是非、遊びに来てください^^

特定非営利活動法人co2sos

サイピアにポスター掲示

毎土曜日の14時から2時間、岡山県生涯学習センター人と科学の未来館サイピア2Fのサイエンススペースにて、京山中学校科学部の二人と一緒に、二酸化炭素濃度の動態について研究を行っています。

昨年取り組んだ研究は、筑波大学主催の科学コンクールで最高位の科学の芽賞を受賞することができ、科学キッズフェスティバル、ユネスコ世界会議のサイドイベント、筑波大学での授賞式、京山フェスティバルといろいろな場面で発表することができました。また、受賞は山陽新聞とレディオモモ(FM岡山)でもご紹介いただくことができました。

ここ最近は、やっと落ち着きを取り戻し、CO2測定に使用している装置の特性について調べているところです。これも研究テーマの一つとして取り組んでいます。

今年は、サイピアで活動内容や研究成果を紹介できればということで、ポスター掲示等も考えています。まずは、既存のポスターを掲載させていただき、雰囲気の確認を行っているところです。徐々に内容の充実を図りたいと考えているところです。

サイエンススペースにあるプラネタリウムの壁にco2sosの概要や活動内容を記載したポスターを掲示させていただいた様子です。

サイエンススペースにあるプラネタリウムの壁側に、co2sosの概要や活動内容を記載したポスターを掲示させていただきました。

サイピアで一緒に研究している中学生のお二人です。

サイピアで一緒に研究している中学生のお二人です。