月別アーカイブ: 2014年6月

RLメンバーとランチ・ミーティング開始!

国際協力活動を必要とするco2sosは、活動拠点を3D仮想空間内に設けており、メンバーは現実世界と3D仮想空間内に存在します。本題に入る前に、少し特定非営利活動法人co2sos誕生までの経緯について紹介させていただきます。

約6年前、co2sosは3D仮想空間内に自分1人という状態からスタートしました。当時は仮想空間内に更地を購入して事務所を建設したり、協力者との出会いを期待しつつ、カフェやライブに顔を出すという日々を過ごしていました。約半年が過ぎたころ、行きつけのカフェが廃止となったことを機に、そこで働かれていたスタッフさんをお誘いしたところ、ご協力いただけることになり、晴れて任意団体と称せる組織となりました。新たに組織を生みだすという意味で、1人と2人という間には大きな壁のあることを実感した半年間でした。

約1年が過ぎようとした頃、迷って事務所に立ち寄られた方との出会いが、co2sosにとって任意団体から特定非営利活動法人に脱皮する運命的なものとなりました(この方曰く、ナンパされたとのことです^^; )。現在も組織運営の要として、また自分の師匠としてお世話になっています。現在、仮想空間内ではドイツ人を含む8名の方達と活動を共にしており、毎週木曜日にミーティングを開催して、RL世界の活動計画等も含めての議論をしています。このように、co2sosの活動は仮想空間上の協力者が重要な役割を果たすという、未来志向の組織ともいえます。

ちなみに、仮想空間内の良い点は、語学、IT、アートと様々な分野で高いスキルを有する方達と出会うチャンスに恵まれていること、年齢・性別・肩書きは意味を持たず実力だけが評価されるフラットな世界であること、利害関係のない自由な立場で協働や議論ができることです。

一方、RL世界の状況ですが、当初1人で3D仮想空間を活動拠点に国際協力活動を目指していたため、特に協力者を必要としませんでしたが、ある日、仮想空間内で音楽ライブによる募金活動を試みようとした折、協力をお願いしたアーティストさんから募金活動に対する理解を得られず、断念せざるを得ない状況がおこりました。原因は信頼できる組織として不十分であるという結論に至り、任意団体から特定非営利活動法人(NPO法人)を目指し、責任を課すことで信頼を得る方法を選択することにしました。

NPO法人を設立するためには、理事3名以上、監事1名以上、正会員10名以上というクリアすべき要件があります。これだけで十分に高いハードルなのですが、国際協力活動を推進する組織としては、親族でもなく、職場関係者でもない、目的に適した理事と監事を得るべきと、更にハードルを上げて臨むことにしました。実現困難と思える話でしたが、事務手続きの準備を進めていた約1年の間に、CO2測定装置の研究をテーマとされている大学の先生、3D仮想空間(SL)に関する本の著作者、知人でもある税理士(現会計事務所代表)、企業で営業関係のマネージメントをされている管理者の方から理事・監事就任の承諾が得られ、正会員も知人を中心に10名の協力を得ることができました。

正会員10人目の決まり方は、とても不思議な縁を感じるものでした。と申しますのは、私用で銀行に出向いた時、アポを取っていた担当者の方から、「ハルさんが来られたら声してほしいという者がいますので」といって呼んできてくださった方が、実は10年振り(それ以上w)に再会となった知人で、話の成り行きから冗談半分でco2sosに勧誘しましたところ、その場でご承諾いただくことができ、NPO設立要件を満たしたというものです。この方には、現在、副事務局長と会計をご担当いただいています。

P.S. その後、将来のために法律に詳しい方を理事として招きたいと考えていたところ、毎年出展している環境イベント「エコプロダクツ展」で弁護士さんとの運命的な出会いがあり、理事に加わっていただくことができました。現在は、銀座にある法律事務所でCO2測定・公開にもご協力いただいています^^。この時の貢献者は、詳細は端折りますがw、SLスタッフのこうきさんです!

NPO法人立上げ後は、主にNPO組織の会計と維持・管理をRLメンバーが担当、日常の事務局業務は仮想空間内のメンバーが担うというスタイルが定着しつつあり、仮想空間内で開催している週1回のミーティング内容も、少しずつレベルアップしてきているように感じます。

さて、やっと本題に入る準備が整いました。

最近、RL側での認知度や活動が少しずつ増え、RLメンバー間の情報共有が欠かせない段階に入ってきた気がします。そこで、新たにランチ・ミーティングと称する情報交換の場を設け、気軽に近況報告や課題についての議論ができる環境を構築することにしました。小さな一歩かも知れませんが、co2sosにとっては大きな飛躍ともいえます。

あっ、夕方になりましたので、今回はここまで^^

6/28、人と科学の未来館サイピアでSL体験

こんにちは。co2sosのハルです。

今週の自由研究は、中学生君たちの試験週間ということでお休みです。

だからといって、co2sosの活動までお休みというわけにはいきません。サイピアでの活動には、自由研究のほかに、来訪者の皆様と3D仮想空間(SL)を体験しながら、環境学習をするというものがあります(自分に言い聞かせているw)!

今回は、お二人の方にSL体験をしていただくことができました。お二人はプラネタリウムで上映中の「サイピア1周年記念 全天周映像番組『HAYABUSA BACK TO THE EARTH 帰還バージョン』」をご覧に来られたとのことでした。チャンスとばかりブースにお誘いしましたところ、快く応じていたたくことができました。

最初、「科学館でゲームですか?」と首を傾げながらパソコンの前に来てくださいましたが、実際に3D仮想空間内のアバターを操作しながら事務所やカフェ、ギャラリー、サイピアの見学や、ロケットやジェット機の試乗体験などやっているうちに、この空間の楽しさと意味を理解していただくことができました。最後に、「IT技術を活用することで、国内外に共感の輪を拡げ、ミッション達成を果たす。」という考え方に「ナルホド、国内外にCO2測定点300箇所以上、頑張ってください!」とエールをいただくことができました。本当に応えることができたら、多分、驚かれるでしょうねw

よく、「国内外にCO2測定点300箇所以上は夢です」と話していますが、単なる夢で終わらせたくない夢ともいえます。全くのゼロスタートでしたが、現在は全国各地の協力者の皆様のおかげで、北海道、東京、沖縄、県の科学館に学校を含む国内12箇所にまで拡がりました。蓄積したデータはインターネットを介して公開しており、中学生と取り組んでいる自由研究等でも有効活用しています。

CO2測定・公開は、世界中の人が地球温暖化問題に関心を持つキッカケになればという思いから進めているアクションの一つですが、測定装置設置協力者の声や、自由研究等に取り組む中学生達の様子から、少しずつ手応えを感じている今日この頃です。

ブログ掲載もご了解いただいています。岡山市内在住のお二人、とても楽しんでくださり、ありがとうございました。

岡山市内在住のお二人、とても楽しんでくださり、ありがとうございました。また、遊びに来てください^^

 

最高♪ Eco-LiveTrain2014 -RiZ Live- June

ジメジメした梅雨の季節もこのお2人の音楽でカラっと晴れた夏に思えてきました^^

ラジオやライブの出演をするRiZのお2人は、さらにパワフルな活動に雨もタジタシ・・・うんうんw

Rev. fromDVLへの楽曲提供やキッズミュージカルへの楽曲提供を精力的に行うZunさんや、コーラスグループ「ズルーガリーベ」としても活動するRieさん、お二人によるユニット「RiZ」は、歌ってヨシ!、踊ってヨシ!、トークヨシ!!。

今回も最高のライブ、ありがとうございました^^

第41回目のEco-Live Trainのオープニングの様子です。最初から大勢のファンの方にお集まりいただきましてありがとうございました。

第41回目のEco-Live Trainのオープニングの様子です。最初から大勢のファンの方にお集まりいただきましてありがとうございました。手前に見える日本地図上の色違いの棒は、国内12箇所で測定しているCO2濃度をリアルタイムで表示しています。製作者はスタッフのちおさんです。

今夜も最高のパフォーマンスをご披露してくださいました。途中のMCでは、co2sosの近況を会場にお集まりの皆様にご紹介してくださり、ありがとうございました^^

今夜も最高のパフォーマンスをご披露してくださいました。途中のMCでは、co2sosの近況を会場にお集まりの皆様にご紹介してくださり、ありがとうございました^^

ZunさんとRieさんのトークって、すごく楽しいです。話の内容も業界の秘密に迫り(w)、興味深いものがあります。いつもご協力くださり感謝・感謝です^^

ZunさんとRieさんのトークって、すごく楽しいです。話の内容も業界の秘密に迫り(w)、興味深いものがあります。いつもご協力くださり感謝・感謝です^^

ステキなファッションとダンスパフォーマンスで盛り上げてくださってるお客様のワンショットです。とても楽しそうで主催者としても嬉しいです^^

ステキなファッションとダンスパフォーマンスで盛り上げてくださってるお客様のワンショットです。とても楽しそうで主催者としても嬉しいです^^

Eco-Live Trainは、今回で41回を迎えました。この間、多くのアーティストさんとファンの皆様、そしてスタッフの皆様に支えられてきました。♪って素晴らしいですね^^

Eco-Live Trainは、今回で41回を迎えました。この間、多くのアーティストさんとファンの皆様、そしてスタッフの皆様に支えられてきました。♪って素晴らしいですね^^

出演:RiZ (Pops Unit)
日時:2014年 6月28日(土) 21:00-22:00
場所:co2sos特設ステージ (3DメタバースSecondLifeユーザの方が対象)
http://slurl.com/secondlife/ARK/146/38/22
放送URL: http://www.ustream.tv/channel/pyotv (Ustream インターネット動画放送)

主催:特定非営利活動法人 co2sos ( SLエコトレ実行委員会 )
協力:ちおちゃんず 他

Artist: RiZ (Japanese Pops unit)
Time & Day: Saturday 5:00am SLT 28th June
Place: co2sos Special Stage
http://slurl.com/secondlife/ARK/146/38/22
Hosted by co2sos(NPO)

SLエコトレ実行委員会(SL Eco-LiveTrain executive committee)
総括(Event Manager) pyo Igaly (co2sos)
co2sos Haru Bloch, kouki Teebrook, nyachio

ちおちゃんず
co2sos有志他

*co2sosブログ(New)
http://co2sos.net/blog/

*co2sos SLmameブログ
http://co2sos.slmame.com/

*co2sosオフィシャルブログ
http://www.co2sos.net/

*RiZオフィシャルHP
http://www.ichigo-ongakudou.com/riz/

*RiZオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/riz-rie/

 

Eco-LiveTrain2014 -RiZ Live- June

ジメジメした梅雨の季節もこのお2人の音楽でカラっと晴れた夏に思えてくるかもしれません。
ラジオやライブの出演をするRiZのお2人は、さらにパワフルな活動に雨もタジタジ^^;
Rev. fromDVLへの楽曲提供やキッズミュージカルへの楽曲提供を精力的に行うZunさんや、コーラスグループ「ズルーガリーベ」としても活動するRieさんの素晴らしい曲を楽しんでください。

Eco-LiveTrain2014-06 RiZ monthly live-poster-blog(1024dpi)

出演:RiZ (Pops Unit)
日時:2014年 6月28日(土) 21:00-22:00
場所:co2sos特設ステージ (3DメタバースSecondLifeユーザの方が対象)
http://slurl.com/secondlife/ARK/146/38/22
放送URL: http://www.ustream.tv/channel/pyotv (Ustream インターネット動画放送)

主催:特定非営利活動法人 co2sos ( SLエコトレ実行委員会 )
協力:ちおちゃんず 他

Artist: RiZ (Japanese Pops unit)
Time & Day: Saturday 5:00am SLT 28th June
Place: co2sos Special Stage
http://slurl.com/secondlife/ARK/146/38/22
Hosted by co2sos(NPO)

SLエコトレ実行委員会(SL Eco-LiveTrain executive committee)
総括(Event Manager) pyo Igaly (co2sos)
co2sos Haru Bloch, kouki Teebrook, nyachio

ちおちゃんず
co2sos有志他

*co2sosブログ(New)
http://co2sos.net/blog/

*co2sos SLmameブログ
http://co2sos.slmame.com/

*co2sosオフィシャルブログ
http://www.co2sos.net/

*RiZオフィシャルHP
http://www.ichigo-ongakudou.com/riz/

*RiZオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/riz-rie/

【追伸】

おかげさまで、Eco-Live Trainは41回目となりました。

http://www.co2sos.net/organization/history.html#沿革

第三回CO2自由研究

パサパルとふにゃさん研究日誌その3。

本日の活動報告:CO2濃度の変動を過去のデータを使って読み取った。

観測したデータのうちに異常値を示すところがあったが、この原因の究明は、後日とする。

またパサパルが本日遅刻をしたため次の部活がある日にオジョー様をけしかけることにする(原因がどうであれ。)

これを決定する際に「やめろぉぉ!!歯医者があったんだぁぁぁ!!!」と叫んだやつがいたがこいつはいなかったことにする。

登場人物(来た人だけ)

パサパル:二十分という大幅な遅刻を果たした。何かしらの原因があったらしいが聞かなかったことにする。その影響か知らないがパサパルが今日は比較的におとなしかった。(なぜかカオス的な現象が止まることはない)

ふにゃさん:カオスな現象を引き止めるのに一役買っているといったな、あれは嘘だ。パサパルがおとなしいとそれに比例してふにゃさんがカオス的な現象を引き起こしている。

次回予告:パサパルが次に居眠りしたらオジョー様に対する生贄にしよう。

(最近まじめなことは二行しか書いてない気がする・・・。)

【co2sosから真面目な一言】

今回から、新しいテーマについて研究を開始しました。まずは実測データから何が読み取れるか、3人で頭を突き合わせての作業です。対象とするデータは過去数年分と膨大ですが、co2sosスタッフによるサポートを得ながら進めています。

実は、データ整理に相当なパワーを要するのですが、実際にやってみないと理解し辛い部分です。ところが、パサパル君は、「この資料を誰が作成してくださっているのですか。自分達にも理解できる形にまで整理された資料を作成できるなんてすごい!」と感想を述べてくれ、「おー、それが分かるかい」といった感じて驚いてしまいました。

パサパル君からCO2測定装置の仕組みについて質問があり、非分散赤外線吸収法(Non-dispersive Infrared absorption method:通常NDIR)の説明をしたところ、今度はふにゃさんから、今回の研究テーマについて、測定装置の原理を応用したらどうかという提案があり、「おっ」と感心してしまいました。本当にできるかどうか分かりませんが、co2sosメンバー(大学の先生)に相談してみたいと考えています。

来週は、試験週間ということで一休みします。

ちなみに、1日のCO2濃度の変化って、以下のような感じです。もちろん、毎日同じというわけではありません。上の赤線と青線がCO2濃度です。

20140622

 

岡山駅南地下通路 ESD活動展示への出展

ESD活動の推進とESDの周知を図ることを目的として、岡山駅南地下通路のショーケース(イオンモールへ続く地下通路の両サイドにあるケースです)に、ESDの活動展示が行われることになりました。展示期間は、616日(月)~11月上旬です。

一つのショーケースは幅4メートル、高さ1.7メートルとボリューム満点、これを1組織で全て使用できるという通常考えられない話でしたので思わず飛びついたのですが、準備時間もほとんどなく際どい対応となってしまいました(いつものことw)。

A1サイズ12枚分のスペースは、エコプロダクツ展に出展した折のポスターと自由研究の報告書をベースに、女の子の「アヴリィル」とウサギの「うめこ」を加えて埋めてみました。

エコプロダクツで使用したポスターは、co2sosの紹介、CO2測定・公開の概要、トムさんやRiZさんをはじめとする多くのアーティストさんにお世話になりましたエコライブトレイン、ヤナさんとミヅキさんによる絵画展、エコ教室や京山キッズフェスティバルの様子等を含んでおり、活動内容を紹介するに相応しいものとなっています。

エコプロダクツ出展はRSK様と山陽新聞社様に後援していただいたため、ポスターに名義の記載があることから、この度の展示にそのまま使用してもよいか確認をさせていただきましたところ、何れも快く承諾してくださいました。

今回の件では、これまでに協力してくださった皆様との活動成果について、改めて紹介できることを嬉しく思います。

ポスター掲示     展示内容です。3D仮想空間での出会いから協働に至る新スタイルも説明しています。

ポスター掲示2             ショーケースのある場所の風景です。反対側も続いています。 

第二回CO2自由研究

第二回パサパルとふにゃさんの研究日誌その2。

本日の活動報告;前回と同じくこんちゃんの研究内容の復習。

具体的には去年の研究でわかった7つくらいの課題があったがその中でCO2の変化の条件について研究することにした。

その復習の間でCO2濃度はさまざまな要因により変化することがわかったが、それは これから要研究とする。

この復習の間に「バレンタインデーにもらったチョコを自慢するリア充を僕は許さない!!」と叫んだやつがいたがこいつは居なかったこととする。

co2sosから一言 今日は、サイピアのお客様も多く、自由研究中にブースにも何人かの人たちが立ち寄ってくださいました。3D三次元仮想空間の紹介や体験をしていただければよかったのですが、時間的に厳しいものがあり失礼してしまいました。おかげで、昨年の研究報告書を一通り復習することができました。来週からは新たなテーマに向けた内容で進める予定です。写真は、自由研究で使用させていただいているサイエンススペースとデスクです。 p1 人物紹介 大ぽん;比較的常識的な科学部員2。今日も来れなかったが最近後輩のオジョー様の攻撃を受けふにゃさんたちも大ぽんが生存していることをを願っている。大ぽんが自由研究に参加できるかは神のみぞ知る。

こんちゃん;ふにゃさんたちを自由研究に誘ったすべての元凶、または黒幕。少林寺拳法を多少かじっている。パサパルが一方的に親友と思っているがこんちゃんがどう思っているかは不明。また今日の自由研究にも参加できなかった。こんちゃんも自由研究に参加できるのかも神のみぞ知る。

本日のパサパル;名前をかっこいいものにして欲しいと言ってきたためクトゥルフの魔道書をもじったネクラロリコンにしたらどうかとふにゃさんが提案したことで戦闘態勢に移ろうとしていたが後輩のオジョー様をけしかけることで事なきを得た。

本日のふにゃさん;パサパルのリア充に対する羨望を嘲笑したり(ふにゃさんもリア充ではない。)戒めたりとパサパルによって引き起こされるカオスな現象を引き止めるのに一役買っている。

次回予告;次からはまともにやっていこうとする努力ができたらいいなと思う努力をしよう。

第一回CO2自由研究!!!

パサパルとふにゃさんの研究日誌第一回ぃぃぃぃぃぃ!!

これまでのあらすじ パサパルとふにゃさんは平凡な科学部の部員だったがある日陸上部のこんちゃんに「去年からCO2の研究をしていて今年から一緒に研究をや ら な い か ?」と誘われるて迷ったがこんちゃんの親友である(一方的な)パサパルの渾身の土下座により研究をすることにした。話を聞いてみると最終的には科学の芽に応募して優秀賞を得たいらしい。

パサパル;重度中二病でここで使うペンネームを決めるときも艦これのネタやエヴァ、聖剣、クトゥルフ、東方等の登場人物の名前を使うことから最終的にふにゃさんの独断と偏見でパサパルというペンネームとなった。(最初はパセリにするつもりだった)ついでにMではない

ふにゃさん;比較的常識的な科学部員。小学校時代に中二病を卒業し現在は高二病の可能性がある。この文章を書いたのと名前を決めたのはふにゃさん。ついでにSではない(パサパルに対する悪意は一切ないようにできる努力ができたらいいなと思ってすらない)

本日の活動報告 こんちゃんの去年の研究成果についての説明を受けた。残念ながらこんちゃんと本来来るはずだっただいぽんは急な用事で参加できなかった。 photo1※ハルのコメント : 第一回目は、昨年の研究報告書に記載している内容を理解するところから始めることにしました。少しずつ内容を確認しながら交代で読んでいくスタイルで進めています。気体の状態方程式を用いた気温補正やCO2濃度と日照の相関関係を統計手法で求めたりする内容も、イメージは理解できているようで頼もしい限りです。気体の状態方程式から絶対温度に、更には分子運動や原子の話題になったかと思えば、今度は相対性理論や宇宙の話にといくらでも脱線するわけですが、この柔軟な思考で、CO2の動態から新たな発見ができればと期待します。

RiZさんエコトレありがとうございました & 自由研究スタート

5月24日土曜日、RiZさんのご協力を得て恒例のエコライブトレインを開催することができました。

「1000年に1度の美少女」、Rev. from DVL所属の「橋本環奈」さんのメジャーデビュー曲が「RiZ」のリエさん作詞、ズンさん作曲の「LOVE arigatou」ということで、RiZさんのお名前をテレビやスマホゲームでも耳にする機会も増えてきました。お忙しい中、エコトレにご協力いただきまして感謝・感謝です。

RiZ情報はこちら→ http://ameblo.jp/riz-rie/

さて、5月31日土曜日は、岡山県生涯学習センター人と科学の未来館サイピア内のサイエンススペースにて、今年一緒に自由研究に取り組む中学生お二人(最終的には4名の予定)と最初の打合せを行いました。お二人とも近隣中学校科学部所属とのことで、自由研究に対するモチベーションも高く、とても頼もしく感じました。早速、来週から研究スタートです。今年も熱い夏を過ごすことになりそうです。

ちなみに今回は、生涯学習センターさんおよび近隣中学校さんのご協力を得て、中学生と出会うことができました。この場をお借りしまして感謝申し上げます。

P.S.

7月21日(月)海の日の午後、人と科学の未来館サイピアにて、「3D仮想空間から地球温暖化問題に挑戦♪」と題してエコ教室を開催します。近々、サイピアさんから募集がありますので、皆様からの応募をお待ちしております。 サイピアHP → http://www.sci-pia.pref.okayama.jp/index.html